準備万端とは行かぬが故の素人投稿の説得力

準備万端とは行かぬが故の素人投稿の説得力

あらためて振り返れば、素人投稿というジャンルは、いわゆるエロ動画の歴史の中で、最も歴史が浅く、それだけに今後どのような進化を見せるのか、その「のびしろ」に期待が膨らみます。
エロ動画のみならずドキュメント的な映像作品はいずれも、その時代時代が反映されるストーリーと光景が撮影され、画像と音声として残されます。
それは登場人物が最初に身に着けているファッションだったり、更には男性に剥ぎ取られる下着だったり、映り込む背景だったりとさまざまです。
もちろんこうした主人公の裸や痴態ではない諸々は、商品化されたエロ動画にも登場しますが、それらにはやはり「準備」「考慮」などの下準備が垣間見えます。
対して素人投稿の場合、そうした小道具的なアレンジは基本試されず、ニュースの速報中継的な「ありのまま感」が前面に伝わります。
だからこそ同じエッチな振る舞い1つにしても、自分達により身近な女の子、あるいは男女のエロい行為として、視覚的聴覚的双方に、よりダイレクトに響いて来るのでしょう。
素人動画の準備万端とは行かぬ撮影環境が、結果私達をより強く刺激してくれるのも、考えてみれば非常に興味深いところです。